Information

7/30に終了しました第7戦にご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。第8戦は栃木県日光市周辺にて開催となります。引き続き宜しくお願いいたします。

2018年関東デイラリーシリーズ主催者公募について

2018年関東デイラリーシリーズ主催者公募のお知らせを公開いたしました。詳しくはこちらから

現在受付中

第8戦 栃木 現在受付中 

レスコンカード

まず始めに、レスコンとは?
レスト・コントロールの略で、指定された時間を加算する(休憩時間)というものです。

通常はあらかじめ「○○図地点で10分のレスコンを与える」等の主催者からの指示により、各自の走行時間にレスコン時間が加算されます。
 
さて、本題のレスコンカードです。
 
先ほど「主催者からの指示」がレスコンとして与えられると説明しました。これに対してレスコンカードは、参加者である皆さん自身が使用するものです。
 
ラリー中は、指示速度を目指して走行いたしますが、交通渋滞や信号待ち等の要因により、安全運転をしていく中でやむを得ず指示速度を下回る(遅れる)ことがあります。
 
この場合に、指示速度通りに走ることを優先した場合、安全運転が維持することが難しくなってしまいます。
 
そこで、レスコンカードを使用することで、遅れてしまった時間を救済するというのが、レスコンカードの目的になります。
 
5CPの手前で既に3分30秒遅れてしまって、復帰することが難しい
 
この場合に、そのままだと3分30秒遅れの減点となってしまいますが、レスコンカードで
「3分30秒を帳消しにして頂戴!」
という内容です。


 
2017年関東デイラリーシリーズでは、シリーズ共通のレスコンカードを使用しますので、以下の手順でレスコンカードを到着したCPのオフィシャルに提出することで、遅れが救済されますので、指示速度から遅れることが予測される場合は、無理な走行をせずに落ち着いてレスコンカードを活用してください。

それでは次はレスコンカードの使い方です→コチラ

 


...