Information

2018年関東デイラリーシリーズ開幕戦は2月25日(神奈川県)になります。沢山のご参加をお待ちいたしております。

現在受付中

2/25 神奈川

2018/01/27

第1戦特別規則書公開のお知らせ

2月25日(日)に開幕する2018年関東デイラリーシリーズ第1戦の特別規則書が主催者ページにて公開されましたので、お知らせいたします。

2018年春の大山街道 ツール・ド・伊勢原
 
上記リンクまたは当サイトの書類ページから主催者ページをご参照ください。
 
今年も沢山のご参加をいただきますよう、主催者一同お待ちいたしております。
 

2018/01/15

シリーズ共通参加申込書公開のお知らせ

2018年関東デイラリーシリーズの共通参加申込書を以下のページにて公開いたしましたのでお知らせいたします。
 
書類
 
ご注意:
2018年から従来の「ドライバー」「ナビゲーター」に加えて「パッセンジャー」という新たな乗員区分が追加されました。これに伴い、参加申込書もこれまでのもと一部変更となっております。2018年関東デイラリーシリーズにご参加の方は、お手数ですが今一度上記より入手いただきましてご利用いただけますようお願いいたします。

2018/01/09

ラリーコンピューターの入手について

2018年関東デイラリーシリーズでは、全てのクラスでラリーコンピューターの使用が認められることになりました。
 
もちろん、従来のクラスBのように「トリップメーターと時計でラリーコンピューターを打ち負かす」というスタンスでの参加も出来ますが、これからアベレージラリーを始めてみたいという方にとっては、ラリーコンピューターを使用することで、複雑な計算等を行わなくても済むようになります。
 
つきまして、ラリーコンピューターの入手方法について、ご案内させていただきます。
 

1.新品を購入する

現在購入できる新品のラリーコンピューターは以下の通りとなります。販売終了の中古モデル等では保障されないアフターサポートがあるというのも魅力です。

2.中古品を探す

 アベレージラリー全盛期には沢山の種類のラリーコンピューターが活躍していましたが、現在のスピードラリーに移行していく中で、残念ながら生産・販売終了となっていきました。
 それぞれのラリーコンピューターに特徴があり、上手く見つければ低価格での入手も期待できます。「昔使っていた機種で再び参加したい」とか「とにかく安く」という方は、一度中古品を探すというのも良いでしょう。但し、殆どのものが既に生産・販売終了してから長居ため、修理等のサポートは期待できないことをあらかじめご理解ください。 

皆様のスタンスに合ったラリーコンピューターを探してみてはいかがでしょうか?

2017/12/28

どのクラスに参加すれば良いの?

2018年関東デイラリーシリーズは、従来の「ラリーコンピューターの有無」によるクラス区分から「参加者の実績(レベル)」によるクラス区分へと変更になります。
 
これについて「では、自分はどのクラスに参加すれば良いのだろうか?」というご質問を複数いただきましたので、一つの目安としてご紹介させていただきたいと思います。
 

エキスパートクラス(Eクラス)

こちらは参加制限等は一切ありません。逆にシード選手(2017年シリーズのA/Bクラスナビゲーター上位6名ずつ)は、ナビゲーターとしてはEクラス以外への出場が出来ないため、シードナビゲーターが出場するクラスとなります。従って、必然的にレベルが高いナビゲーターが集まる・・・はずのクラスとなり、いかに0点を積み重ねるか?というシビアなクラスになります。

ベーシッククラス(Bクラス)

シードナビゲーターは、ナビゲーターとして出場する場合、Bクラスへの出場は不可となります。但し、シードナビゲーターがドライバーとして出場する場合は出場可能となります。従いまして、Eクラスと比較するとナビゲーターのレベルが平均的なクラスになるかと思います。クラス優勝を狙うためには当然ミスは許されませんが、ある程度慣れてきたチームなら優勝のチャンスがあるかもしれません。いつも1回ミスをして下位に沈んでしまうような方は、Bクラスで経験を積みながらレベルを上げてみるのも良いでしょう。

チャレンジクラス(Cクラス)

Bクラス同様シードナビゲーターに出場制限があるクラスです。但し、Bクラスと違うのは「誤差10秒毎に1点」という減点基準。まだ経験が浅いチームは、ミス無く走行したつもりでも常に数秒~数十秒の誤差があります。従来ではこの誤差は致命的となってしまい、慣れる前に同クラスの上位チームとの差に嫌になってしまうこともあったかもしれません。
 しかしながら、「10秒毎に1点」という条件でしたら多少のズレは同じ減点に収まりますので、まずはラリーに慣れて確実にCPやPCでのやり取りに慣れていくことが出来るかと思います。
 そして、「お金をかける装備はちょっと・・・」という方も、スマートフォンのGPSアプリ等を利用して挑戦してみるのも良いでしょう。GPSによる距離計測は専用機器に比べれば誤差がありますが、「10秒毎に1点」という基準であれば、上手く補正をしながら走行することで、全てのCPで9秒以内の誤差(つまり0点)も決して夢ではありません。
 アベレージラリーの入門として、まずはお手持ちのスマートフォンやタブレットでCクラスにチャレンジしてみるというのも楽しみ方の一つではないでしょうか?
 
長くなりましたが、以上のようなことを参考にしてみていただき、ご自身のスタイルにあったクラスへの出場を検討してみて、楽しい一年を過ごしてみてはいかがでしょうか?
 

2017/12/26

DIXELモータースポーツスカラシップのお知らせ

2017年に引き続き来年2018年も㈱ディクセル様が実施する
 
2018年モータースポーツスカラシップ
 
に関東デイラリーシリーズも加えて頂く事となりました。2017年に初めて加えていただき、早速関東デイラリーシリーズの参加者も登録し、賞典を受け取ることができました。
 
2018年もぜひ皆さん登録の上、アベレージラリーを楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
詳しくは以下をご参照ください。
 
DIXELホームページ
 
モータースポーツスカラシップ

2017/12/20

2018年共通規則書変更点抜粋

2018年関東デイラリーシリーズ共通規則書につきまして、これまでの内容と大幅に変わる部分がいくつかございます。

つきましては、以下にて主な変更箇所を抜粋いたしましたので、ご参照ください。
 
2018年共通規則書抜粋
 
2018年関東デイラリーシリーズ共通規則書
 
特に、2017年までに採用してきたラリーコンピューターの有無によるクラス区分から、参加者のレベル(実績)によるクラス区分に変更となっておりますので、ご注意ください。

以上、宜しくお願いいたします。

2017/12/17

2018年関東デイラリーシリーズ共通規則書

2018年関東デイラリーシリーズ共通規則書を以下の通り公開いたしますので、ご確認ください。
 
 
2018年シリーズは、従来のクラス区分と大幅に異なる内容となります。ご参加いただく皆様におかれましては、共通規則書を今一度熟読いただきまして、ご参加いただけますよう、お願い申し上げます。
...