現在受付中

第6戦は11月27日(土)開催予定となります。

レスコンカードの使い方

では具体的なレスコンカードの使い方をご説明いたしましょう。
※画像は2枚綴りを左右に並べたものです。実際には左半分が上になって2枚複写となります。

※スタート前に、あらかじめ自車のゼッケンをレスコンカードに記入しておきましょう。

  1. 走行中に指示速度から遅れることが予測され、復帰することが難しいと思われる場合、まずは余裕を持った遅れる時間を決めます。これを「レスコン時間」とします。なお、関東デイラリーシリーズでは、レスコン時間の秒は「20秒」と定めています。つまり、遅れる時間が3分になりそうな場合は、「3分20秒」がレスコン時間となります。
  2. レスコンカードの綴りは複写になっています。切り離されていない部分の一番下段の欄に1で決めたレスコン時間を記入してください。※1の例の場合、3分20秒のレスコン時間を希望する場合は、□内に「3」と記入することで「3分20秒」のレスコン時間となります。
  3. 次に到着するCP番号を□CP内に記入します。
  4. レスコン時間・CP番号・自車ゼッケンの3つを記入したら2枚綴りの上1枚のみ点線で切り離します。
  5. 1~4の作業はCPインまでに行ってください。
  6. CPラインを通過し計時車両横で停車したら、先ほど切り離したレスコンカードをオフィシャルに渡してください。
以上で各CPにおけるレスコンカードの使用手順は終了です。
 
ラリーをゴールし、コントロールシートの計算が終了したら、コントロールシートと一緒にレスコンカードのエントラント控え(下の用紙)を提出してください。
 

0 件のコメント:

...